第15回 和太鼓と民舞のまつり

イベントのお知らせ

悪夢のような阪神淡路大震災から24年を迎える2019年8月12日に、兵庫県和太鼓と民舞のまつりを姫路駅近くにある姫路市市民会館大ホールにて開催いたします。

あの忌まわしい大震災から24年を迎え、公共施設等の復旧や街の外観など、神戸の復興は着実に進んでいます。しかし、震災の影響は深刻で、被災者の生活や中小企業の営業の再開は、極めて困難な状態が現在も続き、長引く景気低迷によって雇用の不安も増大するなど、市民生活の本格的な再建は今なお、大きな課題として残っています。

太鼓の響きは元気の源。震災直後、被災者を励まそうとうたや太鼓で避難所まわりをしてきたときの実感です。24年を迎える2019年、震災で亡くなられた人々への鎮魂と、いま生きている者の再生への想いを重ねながら、下記により「鎮魂と希望の太鼓」を基本コンセプトにして兵庫県下で活動する太鼓チームの連帯的活動として「兵庫県和太鼓と民舞のまつり」を開催いたします。

特別ゲスト

日時

2019年812日(月・祝)

  • 開演:1130

会場

姫路市市民会館 大ホール(姫路駅から徒歩15分)

料金

  • 一般:2,500
  • 小・中学生・障がい者:1,000

※ 当日は各500円増し

お申し込み

お申し込みは、下記フォームより受け付けております。

また、こちらからチケット購入も可能です。

下記フォーム以外にも

電話:078-685-3535

FAX:078-685-3536

E-mail:kobe@wadaiko-center.com

でも受け付けております。

関連リンク

神戸市役所センター合唱団"神戸笑いっ子センター"