創立30周年記念 第22回 太鼓衆団輪田鼓公演「蒙古襲来」

イベントのお知らせ

9月22日(日)、太鼓衆団輪田鼓の創立30周年記念(第22回)公演が、うはらホールにて、午後3時半から行われます。今回のテーマは「蒙古襲来」
豪華ゲストを迎え、「神風ではなかった!!!知られざる元寇秘話」と題して、田中嘉治の脚本・構成で行います。では、今回のあらすじは?
今からおよそ745年前の1274年(文永11)、当時世界最強で最大の領土を誇るモンゴル皇帝フビライは国号を「元」と改めて日本に朝貢を求めてきました。
しかし、鎌倉幕府はこれを拒否。2度にわたり、モンゴル軍が日本に侵攻した「元寇(蒙古襲来)」が起きます。世界の征服者・侵略者は残虐。もしも日本が元軍の侵攻を許し、植民地になっていたら…。
日本軍の圧勝に終わったとはいえ、元寇は決して楽な戦いではありませんでした。圧倒的な兵力の質と差がありながら、2度にわたり元寇を追い返したのは通説では”神風”と言われています。しかし、その真実は…?
大陸の侵略者から祖国を守った日本の武士たちの奮戦を、和太鼓、しの笛、モンゴル舞踊で織りなす一大スペクタル、本邦初演作品です。乞うご期待!!

しの笛 阿部一成(あべかずなり)さん


輪田鼓公演ではおなじみの阿部さんです。
笛の音色はもちろんですが、イケメンの阿部さんにはファンがいっぱい!
阿部さんがゲストとしてこられることを楽しみにして下さっているお客様も多くいらっしゃいます。

語り 旭堂南龍(きょくどうなんりゅう)さん


2月酒蔵公演「二宮金次郎物語」には女性講談師旭堂小南陵さんにお越しいただきましたが、
今回は4月の笑びす寄席に来ていただきました南龍さんの語りに団長が惚れ込み、
是非9月の輪田鼓公演での語りをお願いしました。

二胡 李亜輝(りあき)さん


幼少より音楽を愛好し、胡弓、琵琶、バイオリンを習得。
数多くの映画音楽・演奏に携わり、映画「ラストエンペラー」の挿入歌も担当。
団長の太鼓とのコラボ戦馬は大変好評。

アジサイ合奏団


李 亜輝先生指導のもと2013年3月に結成。
中国音楽に限らず日本の曲はもとよりクラシックにも挑戦。
様々な音楽会・イベントに参加し演奏活動を行っておられます。
毎年5月の日中異文化交流コンサートには李先生とともに演奏してくださっています。

華芸民間舞踏隊(ふぁーいーみんかんぶとうたい)


今年5月の日中異文化コンサートに初めてお越しいただきました。
神戸在住の3・4世の華僑・華人・日本人で構成された舞踏グループで、今年創立45周年を迎えられます。
国際都市神戸において、日中友好の担い手として、また地域及び華僑社会との交流・出演依頼に積極的に参加しておられます。

ナレーション 黒川淳(くろかわあつこ)さん

輪田鼓公演にはなくてはならない黒川さん!
今回は、南龍さんとどんな語りをきかせてくださるのでしょう。

民舞 風の輪

南中そーらん・エイサー・薩摩川内はんやなど様々な郷土の踊りを練習している民舞チームです。
今回は仙台の「すずめ踊り」を踊ってくださいます。

太鼓衆団輪田鼓


練習に余念がありません。
新曲「甦る青き狼」を披露します。
モンゴル民族は遊牧騎馬民族。
広大な草原を駆け巡る騎馬たちを和太鼓で表現します。

日時

2019年922日(日)

  • 15:00開場
  • 15:30開演

会場

東灘区民センター うはらホール 

〒658-0052 神戸市東灘区住吉東町5丁目1-16

TEL:078-822-8333

ホームページ:https://www.kobe-bunka.jp/facilities/higashinada/

JR・六甲ライナー「住吉駅」下車 東南へ徒歩2分

お申し込み

お申し込みは下記フォーム、又は電話、メールなどでも受け付けております。

  • TEL:078-685-3535
  • e-mail:kobe@wadaiko-center.com
また、こちらからチケット購入もできます。

関連リンク

神戸市役所センター合唱団"神戸笑いっ子センター"