太鼓研修生

太鼓研修生

太鼓に触れてみたい!

たくさんの人と太鼓を叩いてみたい!

太鼓を上手になりたい!

日頃の運動不足やストレス解消に太鼓を叩きたい!

と思っている方はぜひ太鼓研修生にご入会ください。

太鼓研修生の教室では、週1回、太鼓経験と実績の豊富な、太鼓衆団輪田鼓の講師陣が太鼓を基礎から丁寧にご指導させていただきます。

1991年から開始したこの太鼓研修生教室、現在は神戸会場だけでなく、西宮会場でも開講いたしております。

1年間じっくり(途中参加も大歓迎!!)と太鼓に触れていただき、1年間の成果を発表する場をもうけています。

研修生を終えた後も太鼓活動を続けたいという方も多く、研修生・中級生修了後は、輪田鼓会教室(輪楽鼓、さ輪らび、輪ぐるま、輪っしょい、輪ざくら)にて活動することもできます。

太鼓を習ってみたい、何か身体を動かすことをしてみたいというあなたへ!!

ぜひこうべ輪太鼓センター太鼓研修生にお入りください!!

太鼓研修生制度は1991年から始まり、約1年間の研修生期間を経て巣立った修了生は、これまでに300人を越えました。

あの忌まわしい大震災の年に不可能と思えた修了演奏会を全員の執念で開催し、見事成功させた第4期生が修了後もさらに太鼓を続けたいという要求で開設した教室が「輪楽鼓」です。

その後、「さ輪らび」「輪ぐるま」「輪花草」「輪ざくら」教室が次々と誕生してきました。

「太鼓連・神戸輪田鼓会」はこれら5教室と「第22期太鼓研修生」「第5期西宮太鼓研修生」「第4期西宮太鼓研修生中級」「太鼓衆団輪田鼓」を加えた9グループ80人で構成しています。(太鼓研修生・中級生は独自に修了演奏会を行います。)

太鼓衆団輪田鼓が指導している教室はほかに、研修生の経験がなくても随時に入会ができる「こうべ輪太鼓センター龍の輪会」教室があり、17教室170人が太鼓や民舞、しの笛、二胡を学んでいます。

こうした教室生たちの練習の場として、03年には、地元・全国大勢の皆様方のご協力、ご支援により、兵庫区内にこうべ輪太鼓センター会館を建設することができました。 また、08年5月には西宮市内に太鼓道場を開設し西宮地域にも太鼓・民舞の拠点ができたことにより、多くの愛好家が日々練習を重ねています。2010年1月からは、明石駅近くの会場で「和太鼓」教室を開講しています。

2017年の太鼓研修生を募集しています。

詳しくはこちらから。

(スケジュール)

  • 神戸/毎週木曜日 19:00~21:00
  • 神戸/毎週土曜日 15:00~17:00
  • 西宮/毎週火曜日 19:00~21:00

詳しくはこちらから。

(費用)

  • 月額8,500円
  • 入研費2,000円

輪楽鼓

輪楽鼓(わらっこ)は輪田鼓(わだつみ)会の中で最も古い歴史を持ち、平均年齢が最も高く、また障害者手帳を持つメンバーが最も多いグループです。

腰が痛い、足が動かない、先週何やりましたっけ?うっかりバチを忘れてもた、聞こえやしない、と言いながら、また唯一現役バリバリのメンバーはほとんど練習時間に間に合わず、など困難を抱えながらみんなで力を合わせてがんばっています。

焦らず怒らず、いや、その気持ちをぐっと抑えて気長に指導してくださった真木先生の包容力のたまものです。

さ輪らび

さ輪らびは8名で活動しています。10代の若いメンバーに支えてもらいながら、親子ほど年の離れた壮年も楽しく練習に励んでいます。

輪ぐるま

輪ぐるまは6人と少ない人数ではありますが、常に前向きファイト満々の宮岡リーダーを中心にがんばっています。

先輩方が築き上げたチーム輪ぐるまの伝統を引き継いで演奏しています。

輪っしょい

現在は10人で阪口先生の指導のもと活動しています。

チームの名前は「和を背負う」(一致団結してものごとに挑む)を由来として命名されました。

名前に負けないように皆で仲良く力を合わせてがんばっています。

輪ざくら(西宮)

輪ざくらは、5人のメンバーで、毎週木曜日に西宮道場、そして月に一度は仕事の関係で、全員が始めから揃って練習することが少なかったのですが、太鼓大好きメンバー達で力を合わせて頑張ってきました。

教室お申し込み

教室のお申し込みは、下記フォーム又はお電話により承っております。

電話番号078-685-3535にお電話いただくか、下記フォームにてお申し込みください。

また、申し込みではなく、教室に関する質問等については下記フォームではなくこちらからお問い合わせ下さい。






関連リンク

神戸市役所センター合唱団"神戸笑いっ子センター"